よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

趣味

チューリップが咲きました

 20100402 早いものでもう4月です。新入社員らしい姿をあちこちで見かけます。

 暖かくなりましたが、昨夜から強い風が吹き荒れており、京葉線が始発から止まっているようです。

 それはともかく、我が家のチューリップが咲きました。

 毎年ご紹介している近くの桜並木も五分咲きくらいになってきました。週末に掲載予定です。

花の様子は

 2010032801 春とは思えないような寒い日が続いていますが、花は少しずつ春に向かっているようです。

 まず、ビオラと葉ボタンですが、ビオラは寒さに強く元気いっぱい。 一方葉ボタンはすでに春の様子です。2010032802

 ムスカリ(→)もしっかり咲いています。

2010032803  チューリップもあと一息ですね。

少しずつ春ですね

2010022701 昨日の午後から降り続いていた雨がや2010022702っとあがったようです。

 

 

 

 今週は暖かい日が続きました。
そのせいか、庭の花々も少しずつ冬から春の雰囲気になり始めてきました。

 

 ミニ水仙とムスカリです 。

今年の梅の花

 20100109
 やっと咲き始めました。昨年より3週間くらい遅いですね。

 特に寒い日が多かったわけでもないように思うのですが、やはり自然はなかなか微妙です。

今年もあと2日です

 2009123001
  クリスマスを過ぎてからやっと冬の花を買い足し、正月を迎える体制を少し整えました。

 やっぱり暖色系の花が暖かい感じでいいですね。

 全体としてはこんな感じです。(↓)2009123002

やっと冬用の花を植えました

 2009112201_2 去年よりかなり出遅れたかと思ったのですが、ブログを見ると5日遅れでした。

 まずビオラと葉ボタンの組み合わせ。もう少し成長すればいい感じになります。(←)

 葉ボタンもこういう品種だと単独でも2009112202絵になりますね。 (↓)

 とはいえ、やはりこのシクラメンのような明るい色が加わったほうが冬には向いてるかもしれません。2009112203 (↓)

シクラメン

 2009101701 シクラメンなどを植え、少しずつ冬の花に切り替えつつありますが、写真のようにペチュニアやダブルインパチェンスやなどもまだまだ 元気です。

 2009101702

 2009101704

  

  

こちら(↓)はプランターで細々と育てているリーフレタスです。それなりに育ちますね。2009101703

まだ夏の花々が

 2009091301
 少しずつ秋らしい雰囲気になってきましたが、我が家の花はまだしばらく夏バージョンです。

 (←)ジニアや千日紅はまだこんな感じで元気です。

 

 2009091302 真夏に頑張っていたメランポジウムやブルーサルビアはさすがに疲れてきた2009091303ので処分し、また同じような夏の花の苗を買ってきました。

 もう少ししたらパンジーなど秋冬の花々の出番ですが、今しばらく夏の延長線上ですね。

俳句の世界・・・

 2009090601 俳句については、時々知人のホームページや朝日新聞の朝日俳壇に載る同級生の入選作を眺める程度で、ほぼ全く縁がないに近い付き合い方でしたが、今回ご家族が自費出版された句集をいただいたことをきっかけに少し興味を持ち始めました。

 季節感を17文字の世界に切り取るということにどこか惹かれるものがあり、まずは基礎的な勉強からと思い、ネットであれこれ見たり、角川書店の月刊誌「俳句9月号」を読んだりしています。

 第一印象としては、随分多くの方々が俳句に親しんでおられるんだなあと感心しています。
 さらっと勉強してそれでおしまい、となるか、意外にはまってしまうか全くわかりませんが、久々に好奇心が働いています。

真夏の花たちは

 2009082901 梅雨から真夏にかけて頑張ってきた花(ブルーサルビア、トレニア、日々草、ジニアなど)たちは、どうもそろそろ終わりが近付いているようです。

 そんな中で、まだまだ頑張っているブーゲンビリアとマリーゴー ルドを紹介します。2009082902

 そろそろ秋冬ものを準備しないとダメなのですが、まあもう少し暑さがやわらいでからですね。

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ