よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

旅行・地域

シルバーウィーク(3)

 敬老の日に、まったく敬老とは関係ないのですが、蓼科から霧ヶ峰を抜け美ヶ原へ向かいました。
 美ヶ原の王ケ頭頂上(海抜2034メートル)にある王ケ頭ホテルは、時々テレビで紹介されるのでご存知の方も多いかと思いますが、とにかくあたりで一番高い山の頂上にありますから、その四季折々の眺望は素晴らしく、まず予約のとれない幻のホテルのようで、一度見に行こうとした次第です。
 駐車場から牧場の中の道をかなり歩きます。途中で霧がかかったり、さっと晴れたり、わずか1~2時間のあいだにいろんな風景が楽しめます。

Dsc04311


Dsc04318


Dsc04315



この山頂からの芸術写真のような風景は、「王ケ頭ホテル」のホームページでご覧ください。(ホテルの宣伝記事ではありませんが、いい写真がたくさんあります)

シルバーウィーク(2)

 塩尻付近で3件の事故が重なって高速道路が異様な渋滞となったため、松本へ行く予定を変更し、中山道奈良井宿へ行ってきました。
 Dsc04303


Dsc04302


「重要伝統的建造物群保護地域」に指定されたこともあり、江戸時代の宿場町がかなりリアルな感じで保存されています。

 約1キロにわたる町並みは、日本最長の宿場町とのことですが、江戸時代には今のような観光客でにぎわうはずもなく、ひとえに参勤交代のもたらす“地域振興”だったのではと思いました。

Dsc04304


Dsc04308



あちこちに江戸時代の雰囲気があります。

シルバーウィーク(1)

 土曜から昨日まで蓼科へ行ってきました。今回は往復電車にしましたが、行きのあずさ号は臨時ダイヤのせいか、レトロな特急車両でした。
Dsc04290


Dsc04288


 鉄道ファンには人気の車両の一つなのか、新宿駅ではずいぶん大勢の人が写真を撮っていました。
 確かにレアものの昭和の特急車両であり、得したような気もした反面、スーパーあずさに比べ乗り心地も座席周りの広さもかなりの差があり、同じ料金でこれもね・・・と思ったりもしました。

 蓼科は緑が濃いですね。家のまわりの大きな樹を切ったので、ベランダからの景色が少し変わりました。
Dsc04293


Dsc04297

道東の旅(5) 釧路湿原

 最終日は、バス出発前の釧路市内散歩から始まりました。幣舞橋(ぬさまいばし)からの夕日は世界三大夕日の一つだそうですが、残念ながら昨夜釧路に着いたのは真っ暗になってからでした。橋の途中にこのような裸婦像が4体あります。
Dsc04241

和商市場での買い物の後、釧路湿原をノロッコ号から見学。
Dsc04253


旅の最後は、釧路湿原の温根内木道をガイドさんの案内で1時間ほど散策しました。
Dsc04263



 最終日は朝から雨模様の天候でしたが、幸いにもノロッコ号乗車中や釧路湿原散策中は雨は降らず、釧路空港に着いたら、本格的な雨になりました。
前日の根室では、137年前の観測史上開始以来の最高気温33℃も経験しましたが、釧路空港の気温は18.4℃。道東の旅の最後は、激暑の東京の半分の気温でありました。
Dsc04286

道東の旅(4) 屈斜路湖、納沙布岬、花咲線、霧多布岬

 屈斜路湖は出発前にホテル周辺を散歩し、ひたすら納沙布岬を目指しました。
Dsc04165


 納沙布岬は、こんな感じでよく晴れていましたが、残念ながら歯舞群島はかすかに貝殻島の灯台が見えた程度でした。
Dsc04180


Dsc04193


日本最東端の東根室駅から厚床まで花咲線に乗車。運が良かったら出会えるかもしれないと言われていたルパン3世号でした。
Dsc04212


太平洋側の霧多布岬は、知床とも納沙布岬とも趣の異なる岬の風景でした。
Dsc04223


道東の旅(3) 野付半島

 知床峠から羅臼を抜け野付半島へ。尾岱沼(おだいとう)港から約30分の野付湾クルーズ。途中でラッコに出会いました。
Dsc04131

下船後、ガイドさんの案内でトドワラ・フラワーウォーキング。
その後、摩周湖経由屈斜路湖のホテルへ。知床観光船に始まる長い一日でした。

Dsc04137


Dsc04143_3


道東の旅(2) 知床

 知床も今回初めて訪れました。
まず知床五湖です。30度を超える暑さの中高架木道を展望台まで歩きました。
Dsc04074


 翌朝、ウトロ港から、知床観光船(砕氷船でもある「おーろら」)で知床半島の途中まで往復しました。
人間を寄せ付けない自然の厳しさを感じる風景と海の色でありました。
Dsc04101


Dsc04089


 知床峠からの羅臼岳です。残念ながら国後島はもやに包まれて稜線が一瞬見えただけでした。 (次回は野付湾クルーズとウォーキングです)
Dsc04116


道東の旅(1) 摩周湖

 猛暑の千葉を離れ、3泊4日で摩周湖、知床、野付半島、納沙布岬、釧路湿原などを巡ってきました。

 8月3日(月)10時前に釧路空港に無事到着。摩周湖が良く晴れているので旅程変更し、知床に向かう途中に摩周湖へ立ち寄りました。
 初めて訪れてこんなにきれいに見えるのは珍しいとのことで、幸先のいい旅のスタートでありました。   (何回かに分けて報告します)
Dsc04057

ゴールデンウィーク後半

 3月末から超大型連休を個人的に取得中ですが、このゴールデンウィークは蓼科に行っておりました。
 蓼科湖畔の聖光寺では、ちょうど桜が満開でした。
Dsc01151


 日が変わりますが、蓼科山と桜と青空です。
Dsc01163


 そして、八ヶ岳の反対側まで車を走らせ、柳生博さん一家が育んでこられた八ヶ岳倶楽部に行ってきました。今年はことのほか寒かったせいか、例年より遅くカタクリの花が満開でした。
 柳生さんやご家族の皆さんは、若いスタッフとともにいろんな場所で頑張っておられました。興味のある方は、「八ヶ岳倶楽部」で検索してください。
Dsc01158

トルコ10日間の旅

 ざざっと見聞してきたことをお伝えしてきましたが、正直なところ説明が雑になっており、写真も本当にこれがベストかと迷うところもありますので、旅先で購入したガイドブックなどを読みこみ、少しずつ記事をメンテナンスしていきたいと思います。
Dsc01107


 ちなみに、今回巡った地域は、この地図の黒線で、トルコの西半分、総距離数3113㎞でした。
10日間ずっと案内をしてくれた日本語ガイドのニハトさんに記入してもらいましたが、この方は博覧強記などという言葉ではとても足りないほど、トルコのあらゆる事柄に精通しておられ、ずいぶん勉強になりました。
Rimg0004


より以前の記事一覧

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ