よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

おすすめサイト

よく見に行くサイトのこと(7)

20080105kamogawa 今回は、鴨川自然王国のスタッフ衆3人のブログについて紹介します。
(写真は、月二回会員宛宅配している王国野菜の一部、一回あたり7~8種類の原則有機野菜で送料込み2,078円です) 

 8年近く前、わたくしMAJIME中年が通い始めた頃から事務所に勤務している大ベテラン黒わんこさんの「ひとこと」ブログ、
http://hitokotosonogo.blog70.fc2.com/
 農業研修生として関わり今ではすっかり主人公の一人となった麻三郎さんの「麻三郎とうたひめとヘンピースの農的暮らし」ブログ、
http://blog.goo.ne.jp/dosukoipanda14
 そして、自然王国事務局長的に情報発信を続けるスタッフの非公式レポート&身辺雑記である「王国的生活~現場からの出発~」ブログ。
http://d.hatena.ne.jp/shizenoukoku/

 いずれのブログも3年ほど前にスタートしましたが、それぞれ悩みながら、農的生活と、そして鴨川自然王国と関わっている姿がオフィシャルなレポートよりよほど説得力をもってリアルに展開されており、藤本敏夫さんの遺言的な「青年帰農」という言葉を日々具体的に感じたものでした。

 あれこれ悩んで時にブログが途切れる姿にすこしハラハラしながら、ある意味それは青年の特権でもあるわけですし、「割り切りとは、精神の弱さである」という亀井勝一郎氏の名言を贈りたくなります。
 「がんばれ、悩める農的青年たち!」という気持ちですね。

 (今回ご紹介の皆さんのお顔は、「王国的生活」ブログでさりげなく紹介されてます)
http://f.hatena.ne.jp/shizenoukoku/20071115220206

「MAJIME書店」のこと

 よく見に行くサイトについて書いてきましたが、よく考えますと、実は一番よく見に行っているのは、わたくしの作っている「MAJIME書店」サイトかもしれません。
http://myshop.7andy.jp/myshop/majime

20080113majime このサイトは、書店と称してはいますが、実はセブンイレブンのネット書店(セブンアンドワイ)の「みんなの書店」の中に作ったおすすめ本コーナーです。(左のパンダは、このサイトでのMAJIME店長のキャラクターです)

 ゲーム的に売上と客数がカウントされ、約2万店舗中のランキングが表示されますが、特にお金になるわけではなく、全くの趣味的なものですね。しかし、ランキングは、やはり作っている側には気になるものです。
 ちなみに、MAJIME書店は、1月12日現在、来店36位とがんばっております。 (売り上げは、自分のおすすめを読んでからセブンアンドワイで購入された実績、客数はいわゆるヒット数です)

 4年ほど前に、ブログは荷が重いからと思って、気に入った本の紹介と読書記録を兼ねて始めたのですが、さすがに★4つ以上の本を140冊もコメントつけて紹介すると、それ自体が、自己表現、自己紹介サイトでもあるなあと思ったりします。

 読書歴というコーナーもあり、子供の頃、学生の頃、20代の頃・・・と書いていくと、それは自分史のようでもありました。

よく見に行くサイトのこと(6)

 20080110kamogawa01 もう5年ほど前になりますが、鴨川自然王国の農作業イベントに初めて参加した一組の夫婦は、実に違和感なくあたりの雰囲気に溶け込んでおられました。
  お二人とも生物学に造詣が深く、男性(しかさん)は鹿の生態研究、奥さん(おさるさん)は猿が専門とのことでした。その後もずっと、飄々と淡々と農作業や参加者との交流やあたりの風景を楽しんでおられるという印象でした。

 そして、2006年8月から、しかさんは「夫婦共稼ぎ農的くらしへの道」、おさるさんは9月から「おさるのひとりごと」というブログを始め、日々の生活のこと、自宅の畑のことなどなどをさりげなく発信開始されました。
 http://chibasika.cocolog-nifty.com/blog/
 http://monkeyland.cocolog-nifty.com/blog/

 とりわけ、しかさんは、ほぼ毎日更新を続けておられ、その内容も、畑のこと、趣味のお菓子作りのこと、夫婦での海外旅行のことなどなど幅広い内容で、豊かな農的な暮らしの断面が丁寧に綴られているなあといつも感心しています。 20080110kamogawa02

 お二人を見ていると、21世紀的な新しいパターンのライフスタイルと思う一方、昭和30年代にいても何の違和感もないお二人だなあと、よく思います。

よく見に行くサイトのこと(5)

 農的生活体験をしようと、2000年の春から、房総半島の先のほうの山中にある鴨川自然20070106kadomatu 王国へ通い始めたのですが、その頃からお付き合いの続いている方のブログ「和綿工房」をご紹介します。
http://blog01.nagomiwata.com/

 この写真は、サイトから借りてきました。ブログ管理人さんが、鴨川から切ってきた竹などで手作りした門松です。

 東京都郊外の住宅地にお住まいの管理人さんは、とにかく全てが農的生活、しかも自然農に徹しておられ、きれいな写真とともに紹介される手作り食品の数々(たくあん、梅干、干し柿、梅酒など果実酒あれこれ・・・)は、いいなあを通り越して圧倒されますね。
 昔ながらの日本の生活そのものということなのでしょうが、もうドラマでしか見れないような世界です。

 さらにこのブログの名前の通り、和綿の栽培をし、綿から糸をつむぎ、機織Tatakizomeりにも手を伸ばされています。
 あわせて藍染めにも造詣が深く、鴨川でもメンバー集めて和綿栽培や藍染めに取り組ん だりしたものです。(写真は藍の叩き染めの様子です)
 私もここで、藍の叩き染め、生葉染めを習い、その後細々と自宅で藍を育て、生葉染めに取り組んでいます。(このブログの9月24日ご参照下さい)
 20060504noboribata
※この写真の鴨川自然王国の藍染めのぼり旗も、管理人さんの労作です!

 ともかく同時期から鴨川自然王国へ通い始めたというものの、農的生活ぶりは雲泥の差 で、師匠のブログで日々励まされています。

よく見に行くサイトのこと(4)

20080105yasakasekken  また宇和島関連のサイトか、と思われた方、あと一回お付き合いください。

 今回紹介する「人と自然にやさしい八坂のリサイクル石鹸」のサイトも、よく見に行きます。あまりサイト更新はされませんが、昭和53年に家業を引き継いで以来ひたすらリサイクル石鹸を作り続けてきたのですから、サイトが変わらないというのもどこか納得します。
 もちろん、全く変わらないわけではなく、さりげなく新情報が加わっており、それを見つける楽しさもありますね。
http://www15.ocn.ne.jp/~ya-sa-ka/index_2.html

 今でこそ、エコとかナチュラルとかが当然のことのようになってきてるけども、これはなかなか大変な道のりだっただろうと思います。
 しかし昨年37年ぶりに出会った増田さんは、そんな大変さを感じさせることもなく、特に石鹸を売っている姿は、同級生として、これはかっこいいな、と思いました。
 高校時代のほうがもっとよかった、と言う説もあるようですが、やはり一筋に生きている男の自信に満ちた輝きというのは、この年代になってこそかもしれません。

 知人に八坂石鹸を薦めたところ、魚料理の汚れに抜群、とかチーズのようにやわらかいとか評判でした。それぞれの生活スタイルもありますから、全部を八坂石鹸で、とは行かないかもしれませんが、今の時代、少しでもこういう石鹸を身近な存在にすることが大切なのでは、とマジメに思うMAJIME中年でありました。

 ※2008年4月22日から、「こだわりのリサイクル石けん屋」というブログがスタートしました。ほぼ毎日更新です。
 
http://yasaka.i-yoblog.com/

よく見に行くサイトのこと(3)

 私の故郷宇和島関連サイトが続いていますが、今回は、宇和島南高校の同期生、徳田さんのサイトを紹介します。
Mrtokudatokudaphoto
  地元宇和島市内で徳田理髪店を経営するかたわら、「メンズカット専門店TOKUDA」というサイトで、理髪店に関わる情報だけでなく、趣味のヨットのもろもろ、お嬢さんの携わる松山のお店のこと、近況報告も含めた掲示板(DUO-BOARD)を管理され、そして宇和島南Uwajimaminami01高校21期同窓会の幹事として21期同窓会サイトを、、孤軍奮闘という感じで取り仕切っておられます。
http://www.netwave.or.jp/~ja5ksk/

 昨年5月の市民大学講演を機に、いろいろとこちらのサイトで告知をしていただくなどずいぶんお世話になりました。高校時代はほとんど(というかまったく)話をしたこともなかったのですが、37年ぶりにお会いして、いかにも旧知の間柄のように接してもらいました。

 徳田さんは、サイトにも書いておられるように、昨年は腎臓移植手術をされ大変な一年だったでしょうが、昨年始めた「さんぱつ屋から」というブログでは、「苦しみながら更新中」とおっしゃりながら、どこか吹っ切れたように実に楽しげに身のまわりのあれこれを紹介くれています。さて何が登場するか、と日々楽しみです。
http://ksk.i-yoblog.com/

 南高の同窓生に限らず、宇和島にかかわりや関心をお持ちの方、同世代人のライフスタイルをご覧になりたい方々にぜひ目を通して欲しいサイトです。

(今回の掲載写真は、徳田さんのサイトからお借りしました)

よく見に行くサイトのこと(2)

 Uwajimajo_2
数年前、宇和島出身の作家片山恭一さんの「世界の中心で、愛をさけぶ」の映画化をめぐる行政側の対応について、あるサイトの掲示板で議論が繰り返されているのを見つけました。(写真は、この小説の中で、中学2年の朔太郎とアキが、友人を見舞った後に二人で登った城山の裏門、上り立ち門です)

  要は、市の対応がまずかったから、映画の舞台が他県へ取られてしまったのだという論調への賛否でした。私は、“それは作者や映画監督が言ってる通りなのではないか、映画に一番ふさわしい土地を選んだら、それが今の宇和島ではなかったというだけのことでは”という気持ちを持っていました。
 その時に同じような意見を書き込んでいた方が、実は、同郷で、同世代で、しかもご同業(本に関わる職業)とわかり、お付き合いが始まりました。

 その方は、片山一行さんという、元実用書の出版社で編集担当役員をされ、その後独立して、K‐WORKSという編集プロダクションを立ち上げられた方で、趣味のことや仕事のことなどをいろいろ盛り込んだサイト(「K-Works 旅日記と時々日記と詩・俳句のサイト)を持っておられ、そのサイトやメールなどを通じてやり取りをしてきました。
http://homepage2.nifty.com/ikko-k/
Anatanoutu21

 片山さんは、編集者であるだけでなく、ご自身でも何冊も本を書いておられますが、そのようなご縁により、昨年秋からは、郷里の愛媛新聞からお声がかかり、文化面「四季録」の金曜日のコラムを担当され ています。

 ホームページでも毎週の新聞掲載内容が読めますので、関心のある方はぜひお目通し下さい。
 郷里のこと、編集という仕事のこと、うつのことなど、あたたかい言葉で簡潔に語られています。片山さんのサイトを訪ねる楽しみがまたひとつ増えました。

よく見に行くサイトのこと(1)

 今日は、箱根駅伝で一日が始まり、一日が終わった感じでした。
12年ぶりの早稲田の往路優勝は、なかなかのドラマでした。それはさておき・・・。

 いろんな知り合いのブログやサイトを見ていて、こういうコミュニケーションはいいなあと思い、また、かねてからのどこかへ書き残しておかねばという想いから、6月にMAJIME中年ブログを始めました。
 おすすめのサイトは、おすすめサイトというカテゴリーにまとめたほか、「よく見に行くサイト」としてブログ画面の左側でも簡単に紹介していますが、今日から何回かに分けて、感想など含め少し書いてみたいと思います。

20080102uwajimajo_2  第一回目は「城下町宇和島から」という、宇和島紹介サイトのことです。管理人さんは、宇和島市内の方で、宇和島のあれこれが百科事典的に盛りだくさんに紹介されています。
http://www9.plala.or.jp/uwajima-uwajima/index.html

 高校卒業まで暮らしながら、その後ずっと疎遠にしていた宇和島について振り返り始めて数年経ちますが、いろいろ勉強になったのが、この「城下町宇和島から」でした。

 宇和島の歴史、文化、宇和島城探検、最近の様子などなど盛りだくさんに語られ、宇和島にいた頃も全く知らなかったようなこともずいぶんいろいろ勉強になりました。
 昨年5月の宇和島市民大学の講演で、遠くから見た田舎のよさを語ると言う趣旨で2時間近く話をさせていただきましたが、このサイトでの勉強なしにはとてもこ んなに話せなかったなと思いました。

 このサイトを作成・管理されている方は、宇和島の歴史や文化に精通され、郷里に対しての、人として大切なことへの熱い想いをお持ちの方であることを知ったことも、昨年の貴重な出来事でした。20080102uwajimajo2

 ※※右の写真は、宇和島城から見た港で、「世界の中心で、愛をさけぶ」の最終章の、“埋め立て工事のために、湾は街に侵食されて、いまでは海はずいぶん小さくなったように感じられた”という文章を思い出しながら昨年5月に写したものです。※※

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ