よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

社労士試験

 5月のブログで、申し込みしましたとご報告しておりましたが、早いものであっというまに試験日がやってきて、本日幕張メッセで受験してきました。
Rimg4561


 あの広い展示場にテーブルが1000台以上並んだ試験会場はそれはもうかなり異様な雰囲気でした。
 さすがに合格率7%台の試験・・・記述解答は無いというものの奇跡は起きようがなく、受からないほうの93%の下のほうの成績に終わりました。1500時間くらい勉強しないとだめなようです。
 

 しかしとにかく生涯学習。。。一日休んでまた明日から何かの資格試験に取り組みます。

諏訪湖ダックツアー

 ガイドブックで諏訪湖ダックツアーという、市陸両用バスで諏訪湖周辺を巡るという企画を見つけ、比較的空いている金曜日に行ってきました。

 画像がなくて恐縮ですが、40人乗りのこのバスは、バスというより船に車輪を付けたというような印象でした。帰ってきてからネットで見ると、東京ダックツアーとかハウステンボスダックツアーとか各地にあるようです。全く知りませんでした。

 天候にも恵まれ、八ヶ岳も連日姿を見せていました。この暑さでも元気なひまわりとともにご紹介します。

Dsc01941


Dsc01939

 
 

 マイカーの平均燃費は、普段は街中で買い物中心のせいで9キロ前後ですが、今回は高速や郊外を走ったせいか、このような実績となりました。
その後近場で乗っているとどんどん下がっていきます。
F1000292

夏休みは蓼科へ

 8日から昨日まで蓼科に行ってきました。
Dsc01916


1300メートルを超える標高に加えこの緑のせいか、昼でも室内は25度くらい (もちろんエアコンはありません)、朝夕はこの温度計の通り20度ちょっとでした。
 猛暑などどこか別世界のようなところで、孫たちとのんびりした時間を過ごしました。

Dsc01933

そして今日の千葉は午前中で33度を超えており、ためいきをつきながらまたいつもの生活に戻っています。

『人事課長の憂鬱』(咲村観)

 チェーホフ関連で本棚を探している時に、この『人事課長の憂鬱』というタイトルが気になり、10数年ぶりに読み返しました。
 昭和60年に徳間文庫で刊行され、一昨年電子書籍で復刻版が出ています。
2013080402_2



 若いころには、いわゆる経済小説も半分勉強、半分趣味でよく読んだものですが、50代になってからは遠ざかっていました。

 かつては、「人事課長の憂鬱」はもろに実感だったのですが、いま読み返すと懐かしい思い出であり、かつ今の若い人たちの仕事を理解し、その苦労に共感する効果があるようです。

『ワーニャ伯父さん』の台詞のこと

 神西清さんの訳した『ワーニャ伯父さん』を20代のころから何度も読み返し、いくつかの台詞が頭にしみこんでいたものですから、今回の劇団円の公演で語られた台詞の中には、幾つかやや残念な思いのするところもありました。
 神西さんの翻訳は、昭和26年の文学座公演のためになされたものですから、もちろん今回の台本がそのままでなくても何の問題もないのですが…。

(個人的に残念だったというだけで、台本がおかしいとか間違っているとかいうことではありません。かなりマイナーな内容ですので、チェーホフに興味のない方は読みとばしてください)

20130804


 

 自分たちの長年の労苦を無視するような老教授セレブリャコーフの提案に対して、先妻の娘ソーニャがいたたまれずにかけるの言葉は、「お父さま、情けというものを、お忘れにならないでね」(神西清訳)がやはりわたしにはぴったりくる感じで、今回の公演の「お慈悲深いお父様」とか「憐れみというものをお持ちになって」はもう一つ上から目線の言葉のように感じられてしっくりきませんでした。

 あと一点。老教授が「皆さん、仕事をしなければいけませんぞ! 仕事をしなければ!」(神西清訳)と尊大に語って先妻の実家を後にするのですが、ここでの「皆さん、実際に役立つ仕事に精を出すことです! 役立つ仕事にね!」という台詞は、原文でもそこまでの意味合いではないのではと、ちょっと残念でした。
 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ