よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

ほどなく11月

 早いもので10月も残すところあと3日となりました。

 この土日も何かとばたばたと過ごしていました。
そのため、畑作業は進まず、ナスを数本収穫し、実がなるもののなかなか赤くならないトマトはすべて処分しました。

 花のほうもカラフルなのはこの写真くらいで、パンジーやシクラメンなどはまだしばらく先になりそうです。
Rimg4446

キンモクセイの香り

 1週間ほど前から、家の近くでキンモクセイの香りが漂うようになりました。よく見ると2軒おきくらいにキンモクセイが咲いています。秋だなあと実感しながら深呼吸をしています。
F1000261

お宮参り

 赤ちゃんカレンダーなどによると、生まれて30日くらいで行くのが標準のようですが、何も猛暑の中無理することもないということで、一昨日13日大安の日に近くの検見川神社へ行ってきました。天候にも恵まれ、無事終わりました。
Dsc01395

一方、畑のほうはほとんど手が回っておらず、畑in畑という感じで、雑草取りも一部のみです。

Rimg4436

3月に仕込んだ味噌

 オレンジページまめ部主催の味噌づくりイベントで仕込んだ味噌を出してみました。なかなかいい感じに仕上がっていました。
 ほぼ同じ時期に家でも大豆2キロ分ほど作りましたが、麹の違いのせいか作り方のわずかな違いのせいなのか、色合いも味も微妙に違いますね。
Rimg4440

 

 オレンジページのまめ部では、今シーズンも長野県にあるオレンジページ畑でいろいろと活動を重ねているようです。大豆の種まきイベントなどへお誘いを受けたのですが、今年は再就職や私的な忙しさのため参加を見合わせました。
 大勢参加して農作業している様子などをネットで見ていると、10年ほど前に鴨川自然王国のイベントで農業体験をしていた頃を思い出します。

銀座の画廊へ

  昨日5日午後は、この汐留の高層ビルの24階でマジメにメンタルヘルスについて勉強した後(当然所定労働時間終了後です)、銀座1丁目のギャラリーゴトウで1日から14日まで開催されている「森本秀樹展」に立ち寄りました。

F1000256

 汐留から銀座1丁目までは山手線1駅分の距離ですが、「おー銀座歩いてるなあ」と思いながら歩いているとあっというまでした。下の写真はまことに月並みですが、昔も今も一番銀座を感じる場所です。(昔の方はここを「尾張町交差点」と呼んでたそうです)

Sf1000257


 

 画家の森本秀樹さんについては、このブログで何度も書いていますが、宇和島南高校の同級生で、宇和島の記憶の風景を描き続けている作家です。昨年千葉から宇和島に戻られ、民生委員も勤めながら宇和島の情景を描き続けています。

 今回の個展では、これまで同様に宇和島の記憶の風景を切り取りながら、これまでよりすこし明るめの色彩で、やや具象寄りの作品が多いように感じました。
  (2年前の同じ時期に開催されたこの画廊での個展も本ブログでご紹介しています)
F1000259

 

 今回、ギャラリーゴトウのオーナー後藤さんのプロデュースによる森本さんのカレンダー『民の景』が出来上がり、さりげなく販売されていました。

 画廊オーナーのブログで紹介されていますが、絵は12か月分すべて描きおろしで、森本さんと画廊オーナーの熱意とこだわりと感性から誕生したという印象でした。
 ぜひ多くの方々の目に触れ、そして手元に置いてほしいカレンダーです。
 

 お問い合わせ、ご注文はギャラリーゴトウさんへお願いします。20121005


 

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ