よく見に行くサイト

  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

「園芸新知識 はなとやさい」(タキイ種苗)

2011073101


 
 タキイ種苗という江戸時代から続く京都の会社の「タキイ友の会」に入会しました。
年会費1980円で、通信販売で購入する種や苗が10%引きとなり、そしてこの「はなとやさい」という雑誌が毎月送られてきます。なかなかためになる雑誌です。一冊あたり165円でこれだけの情報が手に入れば結構お得感がありますね。

 これまで花や野菜の種は近くのスーパーやホームセンターで買ってましたが、やはりいい種や苗を選ぶことが一番大事かなという気がして、今回入会してみました。

 そういえば40年以上前、愛媛県の片田舎に住んでる頃、我が家ではこの会社のカタログで種を取り寄せていたような記憶があります。昔はもっと地味な感じでしたが、今ではこんな豪華なカタログになっています。

 カラフルなカタログを見ていると、野菜や花を育てるイメージがわいてきます。その効果は半年後くらいのブログでご紹介できるかと思います。
2011073102
  

今年も味噌の天地返しを

 偶然ですが、去年と全く同じ日に作業をしました。仕込んでから5か月半経ちましたが、味噌はまだまだ若く、あと数か月熟成が必要なようです。
2011072401

 昨年12月に季節外れの開花をしたハイビスカスは、この暑さの中でもまだ冬眠状態だったので見切りをつけ、先週末に近くの朝市で格安の鉢を買いました。
 やはりこういう花は、夏の盛りに輝いていてほしいものです。
2011072402

 紫陽花はどこで見てもほぼ終わりのようですが、1輪だけまだ6月のように頑張っています。
2011072403

祝なでしこジャパン

 ほんとうによく頑張りました。決勝戦を見ていて途中で、“世界2位でもいいじゃないか”と思いかけたりしたのですが、すごい集中力と粘りです。見事でした。

 表彰式でのなんとなく散漫な整列や私語も、それはそれで微笑ましい雰囲気を感じました。

 テレビでも新聞でもネットでも、専門的なことはいろいろ報道されるでしょうから、取り急ぎよく頑張ったなあと一言書いて、朝の畑作業に向かいます。写真は優勝を祝し、なでしこの花です。
2011071801

ゴーヤがやっとここまで

 緑のカーテンとかで大人気のゴーヤですが、狭い庭にはちょっときついなとあきらめ、例年通り畑に植えました。

 やっとここまで育ってきました。暑さに強くこれから先はぐんぐん成長するので今年もかなり期待しています。
2011071603_2

雑草の勢いは・・・

 畑に行く途中の宅地が2か月ほど前に売りに出て、その時は草1本無い更地だったのですが、この水曜日にはこんな状態で雑草天国となっていました。2011071601

 
 すごい勢いだなあと感心して写真を撮ったのですが、今朝通るときれいに刈り込まれていました。これなら宅地分譲中という看板通りのイメージですね。
2011071602

年金の請求書が届きました

 60歳になる3か月前になると年金請求書が送られてくると聞いていましたが、きっちり3か月前にしっかり届きました。

 提出は3か月後ですが、月並みな感想ながら、もうそんな年になってしまったか・・・というのが正直なところです。年金は原則65歳からなのですが、私の年齢では経過措置的に一部が60歳から支給されるようです。
20110701001

今年も東京国際ブックフェアに

 毎年この時期に東京ビッグサイトで開催されているブックフェアに行ってきました。

 大きく分けて、通常の本(紙媒体)のゾーンと電子書籍に別れていますが、どちらも年末のアメ横のような人、人、人に圧倒されました。
 特に電子書籍ゾーンでの各社のプレゼンテーションの活気とハイテクさ加減は、還暦目前の私にはちょっと近寄りがたいところもありました。この活気と人出と暑さに負ける寸前だった金曜日の午後でありました。

2011070902_2

2011070902_1

7月初めの畑

 あっという間に7月になりました。年賀状を書いたのがつい先日のような気がするのですが、今年は3.11のせいもあるのでしょうか・・・。

 さて畑は昨年に比べ出遅れ感が否めません。まずキュウリですが、こんな感じで花が咲き始め少しずつ収穫できそうです。
2011070301

ミニトマトも少しずつ赤くなってきました。
2011070302

 昨年の枝豆は50センチくらいに伸びながら実がほとんどつかなかったのですが、今年はまあまあのようです。
2011070303

 4株ほどしか育ってないので、また種まきしたところ、無事発芽しました。
2011070304

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ