よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

連休初日

 仕事のほうはカレンダーどおりなので、3連休が2回というゴールデンウィークですが、初日の29日は、マリンスタジアムのロッテ・ホークス戦に行ってきました。

 あまり野球に詳しくない私にも、このメンバーは知っている名前が多く、それだけで楽しめました。
2011042901

  都市対抗野球はここ5年ほど毎年応援に行ってますが、プロ野球観戦は10年ぶりくらいでした。マリンスタジアムも名前が変わり、QVCマリンフィールドと言うんですね。どうもまだ慣れない名前です。

 かなり満員に近い状況で、ロッテファンが8割くらいという感じでした。
外野席を真っ白に染めたがロッテの応援団は昔と比べてずいぶんレベルアップし、迫力と凄みを増したなという印象を受けました。
2011042902

今年もスズランが・・・

 ほぼ昨年と同じ感じで成長してきました。寒さで遅れるのではと思っていたのですが、昨年の4月25日のブログと比べてほとんど同じくらいに育っています。

 特に手入れをしているわけではないのに、季節が巡ってくるとしっかり咲き始める・・・やっぱり自然は偉大です。人間はもっと自然に対して謙虚にならないといけないと思います。

2011042401

1週間で畑は

 暖かい日が続いたせいか、1週間で畑の様子がかなり変わりました。太陽の力は偉大だと思います。

 ジャガイモはぐっと大きくなり、キヌサヤは小さいながら白いチョウチョのような花が咲いていました。
2011041701

2011041702

 
  家のプランターの小松菜も芽が伸びてきましたが、これは種の蒔きすぎですね。かなり間引しないといけません。
2011041703

一番搾りプレゼントキャンペーン

 キリン一番搾りの「ビールの本場 ドイツ産一番搾りプレゼント」キャンペーンに何枚か応募しましたが、厳正な抽選の結果当選したそうで今日宅急便で届きました。

 懸賞やプレゼントには割合によく応募するほうで、昔は飲料水の懸賞でスカパー一式が当たったり、某スーパーのキャンペーンで自転車が当たったりしたこともありましたが、最近はちょっと運が遠ざかっていました。

 この勢いでロト6でも買おうかと思ったりもしますが、欲を出すと運が逃げていきますね。あくまで自然体がいいようです。
2011041601

2011041602

週末の畑

 日曜日に畑に行くとこんな感じでジャガイモが育ち始めていました。

2011041201

 玉ねぎは、3週間前の写真に比べて少し太くなってきたように感じます。
 ずいぶんまばらな印象を抱かれるかと思いますが、実は50本近く植えたものの、水不足で苗のうちにかなり枯らしてしまったためです。
 昨年と比べると明らかに少ないですね。
2011041202

満開の桜

 昨年より1週間以上遅い感じですが、家の近くの桜も満開を迎えました。

 毎年このブログでご紹介している新検見川駅近くのグリーンベルトの桜並木です。例年だとビニールシートを広げて花見の宴・・・といった風景があちこちで見られたのですが、今年はほとんで見かけませんでした。

2011041001

2011041002

 一方、我が家の花(ノースポール、ビオラ、シクラメン、パンジー、デージーなど)もこんな感じで春を迎えています。
2011041003

日曜日の畑

 寒気もなかなか緩みませんが、それでももう確実に春ですね。

 畑では数本残したダイコンは花が咲き、3月初めに植え付けたジャガイモが芽を出し始め、キヌサヤも少しだけ大きくなりました。(ジャガイモ写真はぼやけてしまったので、ダイコンの花とキヌサヤを紹介します)
2011040502

2011040503

庭のムスカリとビオラもこんな感じで咲いています。
2011040501

午後7時の銀座・・・

 金曜夜の銀座は、計画停電にともなう節電でこんな感じでした。
2011040203

とても銀座とは思えない明るさです。

 東京電力の、とても計画的とはいえない計画停電のやり方はもっと改善が必要と思いますが、経済界や国民一人一人の「計画節電」は、これを機にどんどん進め、さらに日本の歩む道やライフスタイルそのものも大幅に見直す必要があると思います。

角田光代さんのサイン会

 昨夜、有楽町の三省堂書店で開催されたサイン会に行き、『よなかの散歩』といエッセイ集にしっかりサインしてもらいました。

 サインしてもらう約1分くらいでの角田さんの印象は、小説やエッセイでの文章の雰囲気のままの方だなということでした。

  『対岸の彼女』という直木賞受賞作品については、MAJIME書店と称する私の書評コーナーで少し触れていますが、角田さんの作品で一番記憶に残っているのは、『転校生の会』という短編で、「10歳のわたしと15のわたしと23のわたしが連続した存在として今のわたしにつながっている」という一節がなぜかずっと気になっていました。このあたりはまた何かの機会に書くことがあると思います。
2011040201

2011040202

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ