よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

『風が強く吹いている』

 (今年になってから、にわか箱根オタクのような内容が続き恐縮ですが)
 箱根駅伝のことをあれこれ読んだりしてるうちに、そういえば箱根駅伝のことを描いた小説があったなと思い出し、この分厚い文庫本を買い、数日の間に二度読みました。

 2011012901 4年ちょっと前に出た本ですが、作者の三浦しをんさんはこの小説を書くのに6年もかけたそうです。

 その間の関係者への綿密な取材や練り上げのせいか、未経験者が大半の創部1年のチームが箱根駅伝でシード権獲得というありえないようなストーリにもかかわらず、とてもリアルでどんどん読み進みました。

 走るという行為を通じて個性豊かな登場人物一人一人が丁寧に描き分けられており、「疾走青春小説」という分類では表現しきれないような深さと躍動感を感じました。

 映画化もされ著名な小説ですから今さら何を・・という方も多いでしょうが、今年の箱根駅伝を見なかったら手にしてなかった1冊です。

『陸上競技マガジン』

 書店のスポーツ雑誌コーナーには様々なスポーツの専門雑誌が並んでおり、野球やゴルフはなんとなくなじみがありますが、「陸上競技マガジン」は表紙を眺めた記憶もありませんでした。
2011012401

 今月号は、時節柄箱根駅伝がメインですが、全国高校駅伝や中学駅伝の記事も多く、初めて買ってみました。
 ページをめくっていくと、なるほどなるほどの連続です。

辛くないラー油

  かなりの人気が続くせいか、ほかのメーカーのものは売り場でよく見かけるのですが、このブームを作った桃屋の「辛そうで辛くない 少し辛いラー油」はなかなか手に入りませんでした。2011011601

 先日やっと近くのスーパーで見つけました。毎日は入荷がなく、入ってきても少しのようで、お一人様1個限りとなっていました。

 確かに他メーカーの商品とは一味違いました。しかも何にでも合いますね。

寒さに強い花たち

 氷点下も記録するような寒い日が続きますが、庭の花たちは寒さに負けず頑張っています。

 まず、花かんざしとビオラです。以前紹介した時より少し成長したようです。
2010011301

   水仙も咲き始めました。
2011011302

   畑の菜花もこんな感じで咲き初めていています。野菜の花は華やかさはありませんが、どれも清楚な美しさを感じます。
2011011303

   一方、1か月前にもご紹介した季節外れのハイビスカスは、やはりこういうつぼみのまま終わってしまいそうです。
2011011304

箱根駅伝雑感(続)

 今回初めて「早稲田大学競走部」のサイトを見ました。いろんな組織や法人などがホームページを持つのが当たり前の時代ですが、駅伝のサイトはこれまで縁がありませんでした。

 この早稲田大学競走部のサイトでは、部員紹介や競技結果だけでなく、競走部員リレー日記(トップページでは「部員日記」と表示されています)もあり、この日記は部員一人一人の近況や個性が伝わってきてなかなか読み応えがあります。

 競走部は駅伝選手だけでなく、中距離や短距離などいろんなブロックに別れているので、リレー日記の書き手もたくさんいますが、年末ころから駅伝に出場した選手中心にリレーされていました。
 その日記への読者からの返信もすごい数です。昨日の日記は5区を走った猪俣選手の番でしたが、朝見たらコメントが200件を超えていました。ちょっと書きなおしているうちに233件に。
 目を通すと、選手一人一人の走る姿だけでなく生き方そのものがいろんな感動を与えていることを感じます。このブログをお読みの皆様もご一読ください。今日の日記当番は6区を激走した高野選手のようです。

 さらに合宿所の食事内容も、写真や部員や栄養士の方のコメントも付いて日々紹介されており、これはこれで興味深いところです。

 写真は35年前に撮影した富士山です。(箱根つながりのイメージ写真です)
2011011001

箱根駅伝雑感

 早いもので箱根駅伝から1週間が過ぎました。毎年特にどこの大学を応援するというのでもなかったのですが、今年は早稲田の優勝を期待しながら見ていました。
 渡辺駅伝監督が自宅近くの中学校の出身であることや、今年の早稲田が優勝候補と言われながら土壇場で故障者が続出し、「飛車角抜き」で臨んでいることなども注目の理由でした。

(毎年ブログで近所の桜並木をご紹介していますが、この花園グリーンベルト沿いに渡辺監督が通った花園中学があります。)
2009032903

 比較的地味な存在だったと言われる4年生の活躍が特に印象に残りました。今年は4人・・・山上り、山下りの5区、6区、そして8区、アンカーの10区ですね。それぞれに個性を発揮したいい走りでした。

 ※この記事をアップした後、日テレの「ザサンデーNEXT」で、徳光さんが雑草集団4年生にスポットを当てておられましたが、この番組を見て書いたわけではありませんので、念のため・・・)

 5区猪俣選手は、1日10時間勉強して一般入試で入学、4年間こつこつ練習に励み4年生になって箱根初出場。しかも本命の選手がケガのため急きょ代役としてということのようですが、にもかかわらずあのイケメンで淡々と、監督の期待以上の走りで自分の役割をこなしました。

 6区高野選手も箱根初出場というのが意外なくらいの安定感で、東洋大を抜き1位に戻しました。坂道のスライディングが何度もテレビで映りましたが、ああいう場面でも悲壮感がないキャラクターがいいですね。主将になるべき存在だったが寝坊が多いので外されたとかいうのも一つの持ち味です。

 8区は中学時代に渡辺監督からスカウトされ、7年計画で早稲田の優勝にたどり着いたという北爪選手。そんな気迫と歴史を感じる走りでした。

 アンカーは中島キャプテン。苦しそうな表情にこれはやばいかなとはらはらしたりもしましたが(地顔のせいもあるかも)、さすがの底力で無事に首位を守り抜き、絵になるゴールでした。

 単なる走り手としてではなく、こういう選手たちの実像を少し見れないものかとネットであれこれ見てるうちに、なるほどというサイトに行き当たりましたので、それを次回に紹介します。

今年のカレンダー

 部屋のカレンダーは毎年鉄道か風景なのですが、今年はこの二つのうちどちらにしようかとまだ悩んでいます。

 まず、鉄道カレンダー。北海道の特急列車「オホーツク」に始まり、「のぞみ」や3月デビューの「はやぶさ」などが登場します。
2011010401

 

  もう一つは、郵便局でもらったカレンダーで、「ふるさと 心の風景」という原田泰治さんの作品集です。切手の原画のようですが、こちらもなかなかのものです。
 どちらにしようか、2つとも掛けてしばらく悩むことにします。
2011010402

初詣

  ここ何年かは新年を迎えるとすぐに近くの検見川神社に出かけていたのですが、今年は3日の朝に行ってきました。

 さすがに参詣者も少なくこんな感じでした。
2011010301

 おみくじは「吉」でした。
2011010302

 本厄の年(昭和26年生まれです)に吉なら上出来かなと思いながらおみくじに目を通すと、こんな言葉がありました。
 「人生は健康が第一です・・・。」  確かにその通りだと思います。
 2011010303

あけましておめでとうございます

 近年に珍しくしっかりNHK紅白を見て、行く年来る年の知恩院の鐘とともに新年を迎えました。
 関東地方以外は全国的に雪の年末年始のようですね。

 昨年は年間で50回くらいのブログ更新でしたので、平均すると週一回程度というゆるゆるペースのささやかな日記ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2011010101

 

今年は年賀状が8時に配達されました。
これまでにない早さです。郵政民営化の影響でしょうか。
配達する方々は大変でしょうが、受け取る側にはありがたい話です。

2011010102

 

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ