よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

都市対抗野球の応援に

 今年も東京ドームに行ってきました。
2010082901

 試合もさることながら、応援合戦もなかなか見ものです。

 私の応援チームには、スイカペンギンも登場しました。
2010082902

試合のほうは7対4で応援チームが勝ちました。

5時ころ終わり、最寄駅に着くとこんなきれいな夕焼けが広がっていました。
2010082903

パソコン復活しました

20100828 木曜日に富士通のセンターからパソコンが戻ってきました。
メーカーの報告書によれば、メインボードの故障が判明、交換を実施したとのこと。

  購入して1ヶ月ちょっとでの故障だったので、こんな時期にメインボードの交換とは欠陥商品ではないのか…とも思いますが、こんな時期だったので、送料も修理代もまったくかからないですみました。

 保証期間は1年ですが、今からでも入れるメーカー延長保証サービスで3年保証にすべきか、いつになく真剣に悩んでいます。

パソコン修理中です

 先月買ったばかりのパソコンが、デジカメ画像をさわっているうちにフリーズし、その後全く反応しなくなりました。

 まったく回復の気配無く、製造元(富士通)の福島の修理工場へ先週土曜日に引き取られていきました。精密機械ですからいろんなことがあるのでしょうが、パソコン4台目で初めての経験でした。

 メイドインジャパン(島根工場)の機種でしたから、余計にがっくりです。

第143回芥川賞

 芥川賞の選評や受賞作品が掲載された『文藝春秋 九月特別号』を購入しました。
2010082201

 今回の受賞作は、赤染晶子氏の『乙女の密告』で、最初の投票から最も多くの点数を集め、その流れのまま受賞が決まったそうです。

 選考委員小川洋子さんは 「アンネの日記を扱いながら、そこにユーモアを実現した赤染さんに、心からの敬意を表したい」と絶賛され、池澤夏樹さんは 「このような力ある知的な作家の誕生を喜びたい」とのことで、好意的な選評が多かったようです。

 今回の受賞作について私は、宮本輝さんの「納得しかねるところが多々あった」とか、村上龍さんの「残念ながら単なる好みの問題として、わたしは感情移入ができなかった」に近いものを感じました。

 さらに言えば、いつもは大きな距離感を感じる石原慎太郎さんの選評の 「所詮ただ技巧的人工的な作品でしかない。こんな作品を読んで一体誰が、己の人生に反映して、いかなる感動を覚えるものだろうか」との言葉に最も近いものがありました。

 もちろん、小説は好みの世界であり、人それぞれの感じ方がありますから、これは単なるわたくしMAJIME中年のつたない感想であります。

一週間前に

 滞在先のすぐ近くの蓼科東急リゾートで、「高橋彰クラフト展」が開催されていました。毎年この時期に開かれ今年で12回目とのこと。

 このかわいい動物はハシバミの実で作ったそうです。表情が実にかわいいですね。
2010081501

 両手を広げたほどの大きさの飛行船のミニチュアは実に精巧に木と和紙で作られていました。
2010081502

 この携帯ストラップは、高橋さんのお嬢さんの作品だそうで、ストラップとしてはユニークな素材ですがなかなか緻密な作りで味があります。
2010081503

 その他、カヌーや飛行機やクジラやチェアなどなど、いろんな精密な木製クラフトが展示されていました。
2010082210

 

お盆の畑は

 つるが枯れてきたキュウリを撤収し、ほぼ伸び放題状態のトマトの枝は少し切り落としました。

 いま元気なのは、ご覧のゴーヤと枝豆です。枝豆は葉っぱだけ勢いがいいようで気になりますが、まあよしとしましょう。
2010081401

今朝の収穫は、画像のゴーヤ、なす、トマトなどでした。
2010081402

夏休みも終わり

 世間ではこれからお盆休みですが、一足早い夏休みが終わりました。

 車で3時間くらいの蓼科でずいぶん涼しい毎日をのんびり過ごしました。近くのリゾートホテルの庭でアルプホルンの演奏をしていました。猛暑には似合わない風景です。
2010080801

いろんな花が咲いていましたが、普段見かけるものに比べてずいぶん色合いが濃いように感じました。
2010080901

2010080902

猛暑を逃れ…

 エアコンなしにこの温度です。
2010080701

地味にこんなところで数日過ごします。
2010080702

車で少し動くとこんな風景に出会います。
2010080703

猛暑ですね

 異様な暑さです。暦の上では明後日はもう立秋なのですが・・・。

 畑ではキュウリは終わりが近づいていますが、枝豆やオクラが元気です。
2010080501

以前にご紹介したブロック塀の隙間に咲くサフィニアは「猛暑ニモマケズ」まだ頑張っています。
2010080502

立原道造記念館 休館

 3月6日のブログで、立原道造記念館が休館の危機にあると書きましたが、いろいろ手を打ってもどうにも難しいようで、9月26日をもって休館するとの文書が届きました。

 それによりますと、 「芸術活動に対する社会情勢は好転の兆しが見えず、当館のような財政基盤がきわめて脆弱な記念館の存続には、大変厳しい現実に直面いたす日々が続いております。」とのことで、断腸の思いで以下の選択をしたとのことでした。

①現在開催中の開館13周年記念特別展の終了(9月26日)後、休館する。

②記念館所蔵の関係資料は、一時的に信濃デッサン館等の館長をされている方に寄託する。

③館報『立原道造記念館』も休刊とするが、かわりに立原道造の会の会報『風信子通信』を復刊する。

といった内容でした。

まことに残念です。維持会員の力不足を痛感します。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ