よく見に行くサイト

  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

片山恭一さんのお母さんのエッセイ集

  2009102501 “「皮てんぷら」から『世界の中心で、愛をさけぶ』まで” というタイトルのエッセイ集が出たことを、片山恭一さんの同級生の方のブログ(宇和島東高校 28期の部屋)で知り、早速購入しました。

 8歳から18歳まで宇和島で暮らした私にとって、(小説の中では明示されていませんが)宇和島を舞台にした片山恭一さんの『世界の中心で、愛をさけぶ』は、青春という時間だけでなく宇和島市という空間をも共有できる貴重な青春小説であり、このブログなどで何度も書いてきました。

 片山恭一さんのお母さんが勤務され、またある時期までご家族の住まいでもあった市立図書館は、私のかつて住んでた家から徒歩4分くらいのところでもあり、どこかそういう面でも近しさを覚えました。

 「皮てんぷら」とは「じゃこてん」の呼び方の一つのようですが、これは愛媛新聞夕刊のコラムの愛称でもあったそうで、こちらの「皮てんぷら」に寄稿された片山さんのお母さんのかつてのエッセイから始まっています。

 読み終えて、あらためて思い出したことや新たな発見などがいくつもありましたので、何回かに分けてその感想を書いていきます。

ねんきん定期便

 S2009102401 「ねんきん定期便」が届きました。
 加入記録の確認とともに将来受け取る年金の見込み額を定期的に情報提供するという主旨のようです。

 昭和49年に就職してから、424ヶ月加入していますが、その間の月々の標準報酬月額が全て表示されており、それぞれの頃のことを思い出していました。

 最初の標準報酬月額は7万円、その年の10月には9万8千円、翌年の7月には13万4千円になっています。高度成長の最後のころでした。

 年金などはるか先のことと思っていたのですが、特別支給の老齢厚生年金が支給されるまで2年を切りました。そういう年代になってしまったようです。

2週間でホウレンソウが

 2009101801 これがホウレンソウ?という感じの、発芽間もない様子を先々週の日曜日のブログでご紹介しましたが、この2週間でここまで育ちました。

 あのとがった細い葉がこんな風に成長してくるのは不思議な感じがします。収穫までもう少しです。

シクラメン

 2009101701 シクラメンなどを植え、少しずつ冬の花に切り替えつつありますが、写真のようにペチュニアやダブルインパチェンスやなどもまだまだ 元気です。

 2009101702

 2009101704

  

  

こちら(↓)はプランターで細々と育てているリーフレタスです。それなりに育ちますね。2009101703

新幹線からの富士山・・・

 2009101001 昨日、仕事で名古屋方面へ行ってきました。

 車窓からの富士山は、東海道新幹線の魅力の一つですが、なかなかお目にかかれませんね。

 昨日は、行きは雲ばかり。帰りは少し晴れていたので期待したのですが、この写真のように、西側の稜線がかすかに見えた程度でした。(新富士駅からです)

また畑の様子を

 2009101101 1週間ぶりに畑に行き、さすがに限界に達したピーマンとナスをすべて処分しました。

 何箇所か耕して、小松菜、春菊、菜花、キヌサヤの種をまきました。うまく発芽してくれるといいのですが・・・。2009101102

 9月に苗を植えたセロリとブロッコリーは台風にも負けずそれなりに育っています。

種をまいて2週間

 2009100402 9月24日のブログで、種をまいて水を撒いた写真を載せていましたが、今日の午後行ってみるとこんな感じで芽が出ていました。こちら(←)がダイコン、右下がちょっと意外な葉の形ですけどもほうれん草です。2009100403

 雑草も育ち始めていたので、畑全体を耕し肥料をまきました。

 

 もう終わりかと思ったピーマンが最後のがんばりでしょうか、鈴なり状態でした。
56個収穫しました。2009100401

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ