よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

台風前に畑へ

 台風11号が明日関東接近と聞いて、朝6時過ぎに畑に行ってきました2009083000

 夏野菜類は終わりに近付いているので、台風で倒れたのをそのまま処分するのでも良かったのですが、ついあれこれ手を出してしまいました。

 トマトはこんな感じ(→)で伸び放題になっていたので、ゴミ袋1つ分枝を切り、実がなっているところは支柱に結びなおしました。
20090830 
 ナスやオクラなども結わえ直し、さて撮影というところで急な雨。カメラを濡らすわけにはいかないので、撮影はやめて急ぎ帰宅しました。
 畑の様子はまた台風後にお伝えします。

  金曜日に続き、本日もこの程度の収穫がありました。

真夏の花たちは

 2009082901 梅雨から真夏にかけて頑張ってきた花(ブルーサルビア、トレニア、日々草、ジニアなど)たちは、どうもそろそろ終わりが近付いているようです。

 そんな中で、まだまだ頑張っているブーゲンビリアとマリーゴー ルドを紹介します。2009082902

 そろそろ秋冬ものを準備しないとダメなのですが、まあもう少し暑さがやわらいでからですね。

第141回芥川賞

 2009082301
 受賞作「終の住処」をいつものように、文藝春秋誌9月特別号で選評ともども読みました。

 作者の磯崎憲一郎さんが、現職の人事畑のサラリーマンと聞いて、どこか期待していたところもありましたが、正直なところ、よく理解できない(共感できない)ままに読み終えました。

 各選考委員の選評もいつもながら賛否両論でしたが、「主人公がどんな男かが読後の印象として薄い」(高樹のぶ子氏)、「感情移入できなかった」(村上龍氏)、「観念というよりも屁理屈に近い主人公の思考」(宮本輝氏)といった書評がどこか自分に近いものでした。

 もちろん、賛成の声も当然ながら多く、単に私には合わない作品だったというだけのことですが・・・。

東京ドームへ

 2009082201 毎年この時期に書いていますが、今年も都市対抗野球の応援に行ってきました。

 同じ東京ドームでも、プロ野球とはどこか違った雰囲気がありますね。

 やっぱり一番大きいのは、応援団の存在だと思2009082202います。 

 私の応援した試合では、チームの地元仙台市ゆかりのキャラクター(めごちゃん=伊達政宗の正室)と、チーム会社のキャラクター(Suicaペンギン)もしっかり応援に加わっていました。

味噌の天地返し

 2009081501_2 3月22日のブログで紹介している今年の手つくり味噌の天地返しをしました。

 味噌の表面にうっすらついているカビを取って、全部いったんみそ玉にして取り出し、瓶をきれいに拭いて再度味噌を詰める作業です。
 これにより、味噌の発酵がさらに促されるとのこと。

 この色合いですから、あともう少しですね。 

西湖いやしの里

 2009081501 先週の河口湖の旅の続きです。河口湖の西隣にある西湖に足を伸ばしました。

 「西湖いやしの里 根場(ねんば)」という、復元された18軒の茅葺き集落(←)で、一軒ごとにテーマを持って西湖周辺の歴史文化が紹介されています。

 陶芸、紙漉き和紙、伝統工芸の大石紬などなど2009081502ありましたが、「つるしびなの館」では、明治からの雛壇とつるし飾りが紹介 されていました。

 ちょっと小さくて見にくいかも知れませんが、白樺の右手の雛飾りは明治10年のものだそうです。130年の歴史の重みを感じ、季節外れの感もありますが、今回ご紹介しました。

雑草が一番成長してました

 2009081201
 7月25日のブログで雑草が元気な畑の様子をご紹介していますが、その後3週間も収穫のみで草取りが出来ていませんでした。

 今朝行ってみるとこんな(←)草原のような状態2009081202でした。

 40センチほどに伸びた雑草を抜いたりちぎったりし、枯れたインゲンやキュウリを整理して、やっとここまでになりました。(→)
 まだまだ頑張らないといけませんね。

河口湖北原ミュージアム

 2009081101 富士山をゆっくり見たからもう後はいいかなと思いながら、湖の周辺をいくつか見て周りました。

 

 昨年出来たばかりの「河口湖北原ミュージアム」には、上のパンフレットに北原さんが書いておられるように、「ほど物が豊かでなかった時代にも心暖まる物たちがたくさん作られ」ており、それらが所狭 しと展示されていました2009081102

 
  まあよくぞここまで・・・というコレクションの数々。このうちいくつかは、あー昔見たなあととても懐かしかったですね。しばし「昭和30年代」に浸りました。

河口湖からの富士山

 2009080701 この金、土曜で富士五湖へ行ってきました。

 日中はほとんど雲に隠れていた富士山が、幸運にも、夕方から翌朝でいろんな姿を見せてくれました。

(←)まず夕方6時ころです。雲が少しずつ晴れてきて姿が見え始めました。

2009080702

 (→)そして7時には雲はほとんど無くなりました。夕焼けも少しだけですが。

 

2009080801

(←)

朝5時過ぎ目が覚めると、こんな富士がくっきりと。思わずカメラを持ってホテルの前の湖岸へ向かいました。

 

  しかし8時過ぎにはだんだん雲がかかってきました。2009080802 (↓)
その後
は大体白い雲に覆われたままでした。

 

今日から8月

 あっという間に8月になってしまいました。
 関東地方はしばらく前に梅雨明け宣言されたのに、その後も真夏らしくない天気が続いており、それもあってもう82009080101月というのが身体で納得できていないようです。

  子供が学校に通っているうちは、夏休みなどで季節感をいやがおうにも感じたのですが、その時期を過ぎてしまったせいもありますね。

 自分の夏休みはもう少し先なので、今日の画像は、1年前の今日の八ヶ岳とひまわりです。

 

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ