よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

今年のスズラン(3)

 2009042901
 このところ随分肌寒い日が続いたせいか、スズランの活動もゆるやかになっているようです。

 今日現在、日当たりのよいプランターのスズランがやっとここまで咲き、地植えのほうはまだまだこれからというところですね。

 そして以前にブログでご紹介した満開の2009042902桜並木は、こんな感じで 緑の並木となっています。下にはつつじが咲いており、まもなく紫陽花の季節を迎えます。

SMAP草彅剛さんのこと

 20070430人気タレントの公然わいせつ罪での逮捕は、随分週末のマスコミを賑わわせました。

 どうもそんなに大騒ぎするほどの話でもないし、第一こんなことで逮捕されるのはどうなのかなと内心思っていたのですが、朝日新聞の今日の投書欄や、テレビでのいろんなコメントなどを聞いてちょっと安心しました。

 また、週刊朝日編集長の「ダメだめ編集長日記」というブログで、草彅さん逮捕をめぐるこの報道への違和感が語られ、それに対して218ものコメントが寄せられていました。
 
 大半が編集長への賛同のコメントであり、やっぱりそうだなとどこかほっとしました。

  若い頃からかなりお酒を愛するMAJIME中年としましては、“マジメ草彅君、めげずに頑張れ”と言いたいですね。もちろん今後飲み過ぎに気をつけなければなりませんが。

(今日の画像は2年前に行った弘前城の桜です。当日満開宣言でした)

今年のスズラン(2)

  2009042501昨夜からずっと雨が降っており、肌寒い週末です。

 スズランが咲き始めました。清楚な白い花と鮮やかな緑の葉とのコントラストが実にいいですね。

 そして苧環(おだまき)は、日に日に花が増え、2009042502 今日あたりがピークなのではと思います。

 (携帯で撮影しているので、ちょっと画像が粗いかもしれません)

「立原道造の会」のこと

  2009041902
 以前のブログで書いていますが、立原道造記念館を支える「立原道造の会」に入会してから、ちょうど4年経ちました。

 3ヶ月おきに、画像のような会報や記念館の催しのポスターなどが送られてきます。
 今回の会報では、10数年前にNHKラジオセミナーで放送された「立原道造『萱草に寄す』」を書き起こした原稿などが掲載されていました。

 それによると、この詩集が発表された昭和初期の時代には、プロ2009041901 レタリア文学、新感覚派などそれぞれが模索を続ける中で、立原道造さんは自らの作品を創りあげてきたとのことでした。 

 大正3年生まれですから、中曽根大勲位と変わらないずいぶん前の世代になるのでしょうが、磨き上げられた詩の純粋さなど、まさに永遠の青年と感じます。

 筑摩書房から刊行された立原道造全集も、この3月に4巻目が発売となりました。
 この巻は、建築家としての全貌を明らかにするという趣旨で、建築図面、パステル画などが数多く掲載されており、そのために製作費もかさみ、定価はなんと12,000円です。会員は1割引で購入することが出来るのですが、さすがにこれまで買った本の中で最高値ですね。
 今回は定額給付金をありがたく充当することにします。

今年のスズラン(1)

 2009041911 秋以降ひっそりと眠っていたスズランが、春の訪れとともに本当に律儀に芽を出し、どんどん成長しています。

 昨年も同じ頃にこのブログでご紹介しましたが、今年も日々の様子をお知らせしたいと思います。毎日とはいきませんが、ぜひ時々ご覧下さい。

 スズランの葉の鮮かな緑がいいですね。2009041912

 昨日とったほうれん草やセロリなどの野菜()の濃い緑もどこか心を 落ち着かせる色合いだと思います。

「絵本とファインアートのあいだに」展のこと

 2009041501 4日前のことになりますが、仕事が終わってから久々に絵を見に行ってきました。

 案内状の画像()がちょっと見辛いかもしれませんが、「この作家が将来絵本を創ったらさぞ楽しかろう」といった思いもこめて企画されたもののようで、何度も本ブログで紹介している森本秀樹さん、古田恵美子さんはじめ7人の画家の方々が数点ずつを出展されていました。

 場所は、銀座の「ギャラリー枝香庵(えこうあん)」という、8階建てのビルの屋根裏部屋とテラスという雰囲気のこじんまりとした画廊で、ちょっと銀座の画廊というイメージとは違ったさりげない空間でした。

 2009041502 ふるさと宇和島の風景を描き続ける森本さんの作品はいつもながらいいなあと思って見ましたが、今回素人の私が注目したのは、若手作家 宗像裕作さんの「静寂の森」という作品でした。
 こんな作品です。(これは、宗像さんのブログの画像を拝借しました)
 

 展示されていたこの絵には白い額が付いていました。展示が終わってわが家へ送られてきたら、また額付きの画像をご紹介します。

 ミニバラなどの鉢植えがそっと飾られた小さなテラスでのオープニングパーティは、あたたかく楽しげで柔らかな空間でした。

 

暖かくなると花たちは

 2009041201
 冬に頑張っていた花は、この時期になると急に元気になるように感じます。そして初夏の花へバトンタッチしていきます。

 ()この写真は去年から咲き続けていたキンギョソウ、デージー、パンジ2009041202ー、ビオラなどです。

  次は、何度かブログに登場したシクラメンとムスカリ。シクラメンが すごい勢いで咲いています。

 
 そして、またスズランがこんな感じで出てきました。あっという間に 緑色の葉が伸2009041203びてきます。

 昨年同様に成長の様子をお知らせしたいと思っています。

今日は夏日です

 2009041101 東京都心で正午に25度を超えたとか。天気予報と違って千葉も暑いですね。

 夏のような日差しの下で、いつもの畑の作業や庭の花の植えかえをしました。

 ですので、ちょっと涼しげな白い花を二つ掲載します。上はブルーベリー、3年前に合宿免許で長男が山形へ行った時のお土産がだんだん大きくなってきました。

 下はシャガです。9年前に鴨川自然王国へ通い始めた頃、裏山から2009041102 1本持って帰ったものがどんどん増えてきました。

 そして三月初めに植えたジャガイモが新芽を出しました。鮮やかな2009041103 緑色に感心します。

今日の桜並木

 2009040501
 暖かい日が続き、一気に桜も花開いてきました。8分咲きというところでしょうか。

 1キロ以上こんな桜並木が続きます。このあたりの住所は「花園」ですが、実にぴったりだなあと思います。

2009040502 菜の花との組み合わせもやはり満開の桜が似合いますね。

 
 そして、普通の桜は花が散る頃に葉が出始めて新緑の季節に移りますが、こういう感じで花と葉が同時に出てくるのもなかなかいいもので2009040503す。 (

 
 今日は花見日和ですが、この撮影で花見は終わりとし、畑作業に力を入れます。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ