よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

今年も畑を続けます

 20090125
 昨日、畑のオーナーに今年分の賃料を払ってきました。5坪くらいありますが、賃料は年間8,500円です。

「買うのより高い野菜でしょう」と言われ、思い起こすと、鍬に支柱にネットに肥料に苗に種に・・・とそれなりにお金はかかってますね。
 しかし、着実に成長する野菜の様子を見るだけでも楽しいものですし、取れたて野菜の味も格別です。
 野菜の花のきれいさは何度かこのブログでご紹介しました。

 今年も趣味と実益を兼ねてがんばります。

 写真はブロッコリーです。寒さのせいか、なかなか大きくなりません。じっと成長を待ちます。

片山恭一さんの「ふるさとへの手紙」

 Photo 先週の日曜日(18日)の朝日新聞の「ふるさとへの手紙」というコーナーで、片山恭一さんが、18歳まで暮らした宇和島のことを語っておられました。

 これまでは作者プロフィールなどでも、愛媛県生まれとさらっと書いてあるだけだったのですが、今回のインタビュー記事では、“宇和島で18歳まで暮らしました”に始まり、『世界の中心で、愛をさけぶ』は、ふるさと宇和島をイメージして書いたことなどが率直に語られており、どこかほっとしました。

 片山さんの高校の同級生の方のブログ「宇東28期」でも、この記事の感想などが書かれていましたが、同年代としてのそのとらえ方になるほどなあと感心しました。

 片山恭一さんの小説のことは、これまで何回か書いてきましたが、また最近の小説のことなどを書こうと思い、「遠ざかる家」や「宇宙を孕む風」を読み返しています。

角川文庫60周年企画のこと(2)

 20090119 昨年4月に始まったこの企画は、毎月著名な作家が、6冊の角川文庫を推薦するというものですが、やはり気になる作家は、いい小説を選んでくれるなあと思った一冊を紹介します。

 起訴休職外務事務官と言う肩書きが随分長く続いている佐藤優さんが、ショーロホフの「人間の運命」を挙げていました。

 この一冊に収められている「人間の運命」という短編は、ショーロホフが「静かなドン」などの大作を書き終えてから晩年に書いたものなのですが、大学2年の時に、この写真の角川文庫(150ページ、100円でした)を読み、実はロシア文学の中でこれが一番では、と密かに思っていた本でした。

 目立たない地味な小説なので、絶版になっているだろうと思っていましたが、こういう形で紹介され、また多くの読者に出会えることになったようで、どこかほっとしました。

  訳者米川正夫さんのあとがきを超える書評はとても書けそうもないので、このあとがきの一部をご紹介します。

20090119_2 「百枚にも充たぬ短い物語の中に、一人の人間の一生、―そのささやかな幸福、言語に絶した苦しみ、真っ黒な絶望、それを救う大きな人間愛が、淡々たる叙述の中に、深い真実感と恐ろしいまでの迫力をもって表現されている。・・・」

左の画像が、現在販売されている角川文庫の表紙カバーです。こちらのほうが、この小説の内容のイメージがわくと思います。

(角川文庫60周年企画のことは、2008年5月4日に、森絵都さんの推薦された本について書いています。ブログの左側のバックナンバーまたはカテゴリーの書籍・雑誌から入ってご覧ください)

鎌田實さんのブログ

  私のブログは、ココログというメジャーなブログサービスに無料でお世話になってるのですが、そのココログの2009年の注目ブログとして、鎌田實さんのブログ「なげださない」が、前向きに生きるヒントが詰まっているブログとして紹介されていました。

2009011701 鎌田實さんは、諏訪中央病院での活動や、それにとどまらない世界規模でのさまざまな活動で著名な方であり、「がんばらない」などの著書で拝見して、桁違いにすごい人だなと思っていました。
 ブログをされているとは全く知らず、今日初めて、「なげださない」ブログに目を通しました。

 昨年5月に始められたようで、ご専門の医療に関すること、日本経済のこと、旅のこと、B級グルメのことなどなど、毎日細やかに更新されています。

 いいブログに出会うと、日々の楽しみが増えますね。

(写真は、諏訪中央病院のある茅野市内から見た真夏の八ヶ岳です)

小松菜

  2009011201
 2ヶ月近く前に種を蒔いた小松菜がこんな感じで育ってきました。少しずつ間引きをして食べていますが、ここしばらくは、この濃い緑色野菜の成長が期待できます。

 右手にちらっと写っているのは菜花です。

 こんな寒い中でよく育つものだと感心します。太陽と大地の力でしょうか。

新ナニワ金融道のこと

2009011101  「ナニワ金融道」を描き終えて青木雄二さんは漫画家卒業宣言をされ、そして2003年に亡くなられてしまったので、「ナニワ金融道」18巻は幻の名作と思っていたのですが、偶然コンビニで、「新ナニワ金融道」を見つけました。

 作者が青木雄二プロダクションとはなっているけど、まがい物では・・・と思いながら読み進むと、絵もストーリーも隅々まであの力作の続編のようで、これはなかなか期待できるなと感じました。

 ということは、青木さん一人であの本を作っていたのではなく、集団で手がけていたということでしょうか。
 一人の力より組織の力・・・そんなことをあらためて思いました。
 現在、3巻まで刊行されています。

3丁目の朝日

 2009011001
 我が家のベランダからの日の出風景です。
 住所が朝日ヶ丘3丁目ですので、ちょうど「3丁目の朝日」ですね。

 30年近く愛読してきた昭和30年代コミック「3丁目の夕日」は、ここ数年昭和ブームの中でとても有名になりましたが、偶然とはいえ、3丁目つながりは嬉しいものです。

最近読んだ本のこと

 20090104_2
 このところ、いわゆる青春小説というジャンルのものを中心に読んでいたのですが、その延長線上の気持ちで、「団塊ひとりぼっち」という文春新書を読み返しました。

 団塊世代のエッセイストの書いた、団塊世代向けの肩の凝らない本で、なるほどなるほどと思いながら読み、以前には読み流していたエピローグを何度も読み返しました。

 それは、団塊世代が再び小田和正に注目している、しかもそれはラブソングを歌い続けているからではなく、「これからは思い出と友達が勝負」と、団塊世代として同世代へ向けたメッセージを発信し続けているからとのことです。
 11月に小田和正さんの東京ドームライブに行き、いやすごい人だなと感じたせいもありますが、団塊世代へのメッセージにはどこか共感するところがあります。

 「ラブストーリーは突然に」などを口ずさむだけでなく、「the flag」とか比較的新しい歌をじっくり聞いてみようと思っています。

 

穏やかな年末年始

 2009010102 こんなに天気に恵まれた年末年始も珍しいのではと思うような青空が続きます。(関東地方だけのようで、北海道など寒波で大変なようですが・・・)

 年賀状を投函がてら近くの公園と畑に立ち寄2009010103_2り、元旦の青空と早春の雰囲気の菜の花を撮って来ました。
(→こちらはお隣の畑の菜の花でして、私のところはまだ5センチほどです)

 明日は箱根駅伝。いい天気のようで、湘南の海からの富士山が楽しみです。

あけましておめでとうございます

  20090101012009年が始まりました。

 特に去年の秋からは暗い話題ばかりで、新年になったから明るく変わるわけでもないのですが、少しでもいい方向へ向けていきたいものです。
 それぞれの立場の人たちの、それぞれの役割が問われていると思います。

 それはそれとしまして、このMAJIMEブログは、その世界には踏み込まず、昨年同様に続けていきたいと考えています。これからもよろしくお願いします。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ