よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

一週間後の畑と花の様子

2008033001 先週日曜日に書いた畑などの一週間後の様子をご紹介します。

  まず、マイ畑のキヌサヤは、こんな感じで支柱を立てネットを張りました。成長してきたらこんな程度でいいものかどうか微妙ですが、まあそれはその時ということで、とりあえずこれで様子を見ます2008033002

 近くの公園の桜はいっきに満開となっていました。つぼみの時はピンク がかっていましたが、咲くと白に近い感じです。貝塚が見つかって公園になったという(噂を耳にした)、団地の片隅の小高い丘ですが、一面の桜でした。

 2008033003 2008033004 さて、朝市で買ってきた花の苗は、こんな感じでプランターへ植えました。マーガレットのほうは、去年地植えしたものが50センチほどに成長しているので、こんな小さなプランターで大丈夫かなと思いながら、これも、まあ様子見しながら・・・という感じです。

砧公園の桜

 2008032901
 昨日、砧公園へ花見に行ってきました。多くの人でにぎわっていました。もちろん、高遠とか弘前とかの観光地とは違って、穏やかな人出であり、桜との向かい合い方も日常的な印象ですが、いろんな世代の人たちがそれぞれのスタイルで花を愛でている風景は、どこか心なごみますね。2008032902

 満開の桜は実に美しいのですが、ちょっと気になるのは、最近花が真っ白になってきてるように感じること。昔はもう少しピンクがかっていたような気がするのですが・・・。種類によるのかも。
 
  2008032903 2008032904 桜えびとか桜餅とかを考えると、桜の花は、やはりこの桜のような色合いであってほしいなあと思ったりもしました。
(左の写真は、昨年撮影した谷中のお寺、右は角館の武家屋敷の桜です)

日曜の朝に

 2008032301
 春らしいいい天気なので、珍しくデジカメを持って散歩に出かけました。
 散歩と言いつつ、まずマイ畑のチェック。キヌサヤは、こんな感じで伸び始めているので、何か手を打たねばならないところですが、ネットにするか、ご近所さんのように支柱にひもを張るパターンにするか悩んでいます。どっちでも大差ない低レベルの悩みですね、ご当人はマジメに考えていますが・・・。

2008032302  以前住んでいた団地の公園の桜は、この写真のようにあと一息です。この暖かさなら午後には咲くだろうと思います。今週末には満開の桜です。

 帰りがけに立ち寄った別の公園で、月一回の朝市をや2008032303っていました。マーガレットなどを買い、1000円ぴったりにするように、清見タンゴール(右の写真の左端です)を2個100円で。
 愛媛のみかん類を見るとやはり懐かしいですね。晩柑類や温室ものなどで、年中何かしらありますが、4月から8月はパスして、やはりちょっと緑っぽい秋口の早生みかんまで待つことにします。

花粉症か風邪か

 花粉症には無縁であるとずっと言い続けてきたのですが、どうも3月に20080322なってから、花粉症 と風邪の境目のような様子に悩んでいます。
 鼻がグスグス、そしてくしゃみ連発、ちょっと熱っぽく、のども痛いような感じ・・・風邪の初期症状と自己診断してましたが、これは花粉症の症状と全く重なるとのこと。
 風邪ひいたかな、と薬を飲んだりしていたのですがどうもよくならず、外に出た時にマスクをしていると調子がいい・・・これはまさしく花粉症ではないか、この年齢になってと愕然としましたね。

 10代の頃は、四方を山に囲まれた田舎で暮らしていましたから、花粉は極めて身近な存在ですし、ここ10年くらいも房総の杉林の近くでの農作業や酒盛りを体験していたので、花粉は友達くらいに思っていましたが、そうは問屋が卸さないようでした。
 毎日、テレビの花粉情報に一喜一憂し、花粉用マスクを手放せなくなってしまいました。やっぱりね、花粉は平等だなと、どこかほっとしたりもしています。

「GRAPHICATION」のこと

 20080316graphication
 聞きなれない単語だと思いますが、これは、富士ゼロックスが隔月刊で発行している広報誌の名前です。グラフィック コミュニケーションに基づく合成語とのことですが、誌面は、毎回特集テーマを中心に構成されており、最新号は「食を考える」でした。

 巻頭に、ノンフィクション作家の島村菜津さんと農業ジャーナリストの結城登美雄さんの8ページの対談「食がつなぐもの」があり、なだいなださんの「胸痛む時代」など興味深い記事が続きます。
 特集テーマは広範囲で、ある時は、若者の雇用のことだったり、江戸文化だったりと、大変真面目な内容が展開されています。

 8年ほど前に、ジャーナリストの高野孟さんの「農と言える日本」というメールマガジンでこの雑誌の存在を知って購読申し込みをして以来の長い付き合いですが、無料で送ってもらうのが申し訳ないくらい充実した内容で、毎回ずいぶん勉強になっています。
 ホームページから申し込みが出来るようですので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

花の様子を少し

 20080316suisen
 ここのところ急に暖かくなってきたこともあり、庭や玄関まわりの花が元気ですね。

先日ミニバラをご紹介しましたが、今回は続きを少し、画像中心に。
  まず水仙です。白いイメージが強い花ですが黄色もなかなかいい感じです。 20080316jurian

同じく黄色でも、このジュリアンのような色合いも、さりげない印象でいいですね。

 
 右の写真はルピナスです。2008031600こういう花も、花や葉の大きさが程よくて、この季節の玄関の階段に似合うと思って買ってきました。

2008031601玄関の階段は、いまのところこんな感じです。暖かくなってくると、パンジーやビオラや葉牡丹が急成長して、やがて卒業していきます。 20080316viola

週末の菜園とガーデニングのこと

2008030901  マイ畑には、先週のジャガイモに続き、野菜などを植えました。
   苗と肥料とを運ぶのに便利な手押し車が10年ぶりに活躍しました。子供たちの運動会に弁当や折りたたみ椅子などを運んで以来の出番でした。
  今日植えたのは、ソラマメ、ブロッコリー、水菜、チンゲンサイなど。うまく育ってくれば写真で報告しましょう。

 我が家の庭の方は、ビオラやシクラメンが相変わらずがんばっていますが、20080309 クロッカスや水仙も顔を覗かせたりしました。やはりこの機会に新しいものを植えないと、とホームセンターでいくつか買って来ました。
  写真は、ミニバラです。また少しずつご紹介していきます。

累計アクセス数が1万を超えました

 著名なブログだとあっという間のアクセス数でしょうが、このブログも9ヶ月かかってやっとアクセス数1万ににたどり着きました。

 日々の思いなどを綴るということで、どこにでもありそうな内容ですが、熱心に読んでいただいたり、リンクをはってくださる方も居て、ほんとうにありがたい話です。
 また、いろんなキーワードで検索してたどり着いてくる方も少なくないようです。

20080307nanohana_2  日々更新とはいかず、平均して週2回くらいのパターンですが、こういうペースで書き続けていきたいと思っています。
  (関連する画像を思いつきませんので、春らしい桃の花と菜の花を見ていただきます。昨年4月1日、身延山の枝垂桜バスツアーの途中で立ち寄った山梨の観光農園での1枚です)

ジャガイモを植えました

 2008030201 1月のブログで、家庭菜園始めますなどと宣言しながら、音なしの構えとなっていました。

 2月は寒いし植えるものもないしということで、野菜畑スタートは3月からと考えていたので、3月最初の日曜日の今日、ジャガイモの植え付けをしました。その手の雑誌を読むと、初心者はとにかく作りすぎ、と注意があったので、地味に男爵10ケだけにしました。

 鴨川自然王国のイベントでは何回も経験しましたが、ここでは王国スタッフが体制を整えていてくれて、植え付けの現場作業だけだったので、今回一からやるのは未体験ゾーンがいくつもありました。
 どうも作業はちょっと適当ですね。自然王国の石田代表理事やK原さんからは、あれだけ教えたのになってないな!と叱られそうな畑の様子です。

2008030203  写真の牛糞肥料とともに耕して、畝を作り、種いもを植え付けま2008030202した。周りの菜園は結構野菜が一杯で、皆さん、ずいぶん熱心にやっておられます。
 
 すぐ上の畑のベテランの方からいろいろアドバイスをいただきました。ジャガイモは畝を作るように書いてあるけど、ここでは普通に植えたほうがいいとか。それを聞いて畝を少しならしました。

 さあマイ畑、どうなることやら・・・。ジャガイモ植え付けだけでザセツすることなく、栽培計画立てて、夏には野菜で一杯にしたいですね。
  (所用もあったのですが、鴨川農作業イベント、また欠席してしまいました・・・)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ