よく見に行くサイト

  • 靖國神社 外苑休憩所から発信中
    昨年10月から昼休みに通っている靖国神社外苑休憩所オーナーのブログです。 正直なところ、こういう大衆的な休憩所をこのようなキャリアの方が請け負っておられるのは意外でもあり、近場のサラリーマンにはありがたいお話です。
  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

鉄道博物館

 10月14日鉄道の日にオープンした鉄道博物館へ行ってきました。大宮駅からニューシャトルで一駅のところです。

Trains  とにかくすごい規模です。SLや御料車、ブルートレイン、特急電車などなど35両も展示されていました。学生時代から鉄道ファンであり時刻表マニアでもあった私は、思わずうわーと声を出しながら、歩き回りました。

Hibari 
 鉄道にはいろんな思い出がつきまといます。まだ新幹線の無かった頃に乗った仙台行きの特急「ひばり」、新潟行きの「とき」、そしてブルートレ イン。展示は「あさかぜ」でしたが、「あけぼの」「北陸」など寝台車の旅は、ゆっくり眠って目が覚めるとそこは見知らAsakazeぬ土地という、若い頃にはちょっと贅沢な旅でした。

 

  

 日本最大規模のジオラマとか、SLなどの運転シミュレーターとかとにか く何でもありで、鉄道ファンには目の離せない場所ですね。

片山恭一さんの小説のこと(2)

   ネットでの書評を見て、まず「きみの知らないところで世界は動く」を読み、続けて「世界の中心で、愛をさけぶ」を読みました。始めのころは、前者のほうがストーリーに厚みやゆとりがあるような印象だったのですが、何度か読み返したり、片山さんの他の作品を読んだりするうちに、「世界の中心で、愛をさけぶ」の小説としての完成度の高さを感じるようになってきました。

 謎解き本も出てくるし、ネットでも「朔太郎とアキのいるNazotokisekachu風景」はじめいろんなサイトで取り上げられており、この小説に関心を持った自分にはずいぶん恵まれた環境になってきていました。

 Uwajimajo1年近く前に、“遠くから見た宇和島のよさを語らないか”と市民大学での講演のお話をいただいた時、講演の骨子として、①文学からの宇和島、 ②自然農業体験からの宇和島、 ③ネット社会の体験と宇和島の3つが頭に浮かびましたが、文学のことには、この小説が欠かせないだろうと思い、講演までの間に、この小説を10回以上読み返し、ネット書店での600以上の書評にも目を通しました。

 大切なものを失ってしまった深い喪失感、そしてそれをどう受けとめ、自分を納得させ立ち直っていくか、そんなことを、だれもが通り過ぎる青春時代Takashimaのドラマの中で、研ぎ澄ました文章で描ききっているなと感じました。
  さらにその舞台が、自分がそんな時代を過ごした街であったことで、いわば、時代と地域の2軸を共有したということもインパクトが大きかったのかなと思います。
 喪失感を際立たせるストーリー設定、余分な言葉を省いたきれいな文章、さすがに三百数十万部の大ヒットとなるだけのことはありますね。

 ※今回の写真は、アキの入院していた病院付近から見た「お城」、二人でキャンプに行った「夢島」のモデルではないかと言われている島です。  
  (続く)

片山恭一さんの小説のこと(1)

Sekachu  高校卒業まで愛媛宇和島近辺で暮らしてきたのですが、片山恭一さんの「世界の中心で、愛をさけぶ」が三百数十万部のベストセラーとなってからは、出身地宇和島のことを紹介するときも、伊達宗城とか大村益次郎とか古い話をしなくても済むようになってきました。

 片山恭一さんは宇和島に生まれ育ち、この小説の主な舞台も宇和島だったこともあり(映画では香川県ロケ中心でしたが)、いくらか宇和島の知名度も上がってきたかなと言う気もしています。
 学生時代からかなり本を読んできたつもりですけども、片山恭一さんの小説に接したのはつい3年くらい前のことです。「きみの知らないところで、世界は動く」、「世界の中心で、愛をさけぶ」を続けて読みましたが、18歳で宇和島を離れてからずっと足を踏み入れることのないまま過ごしてきた私には、宇和島出身の作家が宇和島を主な舞台にして描いた小説は、それまで読んだ青春小説や恋愛小説とはかなり異質な読後感がありました。

 片山さんの小説を契機に、インターネットでのもろもろの情報収集や交流が始まって少しずつ宇和島に近付き始め、そして今年5月の宇和島市民大学での講演に至るのですが、片山さんの作品についての感想などをこれから何回かに分けて書いていこうと思います。(続く)

 

九十九里いさりび食堂

 この3連休は地味に家の片付けなどで過ごすつもりだったのですが、急に親戚からお誘いがあって、近場だしいいかと予定変更して、すたこら車で出かけてきました。
 昼頃出たせいか有料道路も混んでおらず、1時間少しで九十九里町不動堂にあるいさりび食堂に到着しました。テレビにも出てくる有名なお店のようで、10組待ち。1時間半近く待つ間に、九十九里浜も少しは見ねばと思い立って砂浜へ。

20071007kujukuri ずらっと続く砂浜も雄大で感心しますが、何といっても太平洋の打ち寄せる波は半端じゃありません。どどっととにかく押し寄せるというイメージで、愛媛ののどかな海を見慣れた私にはちょっときついですね。波は力強くすごいのですが、どこか恐怖感にに近いものもあります。

 さていさりび食堂は、いろんな方のブログでも取り上げられているように、漁船を2階に持ち上げたような造りの建物で、大きなハマグリやいわしのフライが美味しかった。

 そして、明るいうちに千葉へ帰り着きました。今日は、55歳の最終日ですが、地味に家庭内労働に励みます。

 

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ