よく見に行くサイト

  • ポーラ美術館
    箱根仙石原にあるこの美術館の豪華なコレクションの数々に圧倒されます。特にモネの『睡蓮の池』が好きです。
  • 山崎行太郎の政治=哲学ブログ『毒蛇山荘日記2』
    「文学や哲学を知らずして政治や経済をかたるなかれ」がモットーの哲学者のブログは、視座が堅固で勉強になります。
  • 郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。
    不合理なことが多過ぎる昨今、こういうマジメな弁護士にさらに活躍してほしいと思います。
  • 矢来町ぐるり
    新潮社の運営する情報サイトで、多方面の情報が掲載されており、情報収集に役立ちます。
  • 東京新聞(TOKYO Web)
    学生の頃の東京新聞は、週刊誌のような記事の多い安い新聞というイメージでしたが、今は大政翼賛会的な報道に偏らないマジメな新聞というイメージです。ネットでも記事の出し惜しみする大手新聞が増えた中、全文読めてありがたいですね。
  • オレンジ進行中
    生活情報誌『オレンジページ』の前編集長(現在編集主幹)のブログ。 編集長職は2015年秋に後輩にバトンタッチしましたが、その後も独特の雰囲気で編集部の日常を語っています。
  • 日刊:鎌田實 なげださない
    地域医療にずっと関わってこられた鎌田實さんの日々の活動や思いが暖かく綴られています。
  • 千葉市長:熊谷俊人の日記
    わが街の市長。2009年に当選した時はなんと31歳の若さでしたが、意外なまでの安定感を感じます。 3年前に圧倒的な得票率で再選。初当選の時に感じたあの安定感がずっと続いているのはさすがです。
  • MAJIME中年のマジメ書評
    10年以上前にネット書店「セブンアンドワイ」で個人書評コーナー“MAJIME書店”を始め、その後「MAJIME中年のマジメ書評」として本の紹介をしていましたが、いつのまにか何でもありの総合レビューに変えられ、さくら的な投稿が目につくようになってしまいました。顧客無視の変更は大変遺憾です。
  • こだわりの石けん屋
    愛媛宇和島で環境にやさしいリサイクル石鹸を父の代から作り続けてきた同級生が日々綴るブログ。石鹸作りのことや日々の暮らしぶりなどが淡々と語られています。
  • 大山千枚田保存会 - 東京から一番近い棚田
    棚田オーナー制度ほかいろんな取り組みが紹介されています。
  • 片山一行のつれづれ俳句&POEM
    同郷の編集者(兼詩人、俳人)のブログです。東京から郷里近くの松山市近郊に移住され、新たなステージに立っておられます。
  • 城下町宇和島から
    愛媛宇和島について見識を深めるのに最適のサイトです。宇和島の歴史から風俗習慣、今の宇和島の様子など、何でも載っています。
  • イタリアまるかじり
    かつて鴨川自然王国のイベントのたびにボランティアにてシェフをなさっていたが、突然イタリアへシェフ修行に旅立ち、現地よりレポート。一昨年夏帰国され、再度日本から団塊世代の定年後の生き方を発信されています。
  • 和綿(なごみのわた)工房
    藤本敏夫さんが活躍されていた頃の鴨川自然王国時代からのお付き合い。無理のないナチュラルな生活の実践家であり、私の藍染めの師匠でもある方です。以前のブログ記事を見ていると、東京都下での農的生活の豊かさがリアルに伝わってきます。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

都市対抗野球応援

     070825baseball 都市対抗野球の応援に東京ドームへ行ってきました。会社から案内があり、何十人かで出かけたのですが、予想を超える人出でびっくりしました。

 しかし、さすがドーム球場ですね。あの炎天下とは様変わりの涼しいとはいえないまでも、さわやかな空間でした。何回かプロ野球にも行ってますが、観客の雰囲気や応援合戦なども含め、プロ野球とは微妙に違った雰囲気を楽しんできました。結果は応援したチームが快勝したので、また機会がありそうです。

友人の見舞いに松山へ

 20070823 先週末、友人のお見舞いに松山へ日帰りで行ってきました。高校卒業以来会ってなかったのですが、食道がんの末期でそう長くないと電話で直接聞いていただけに、無理してでも一度会っておかないと一生後悔すると思い、1週間の夏休み中に出向くことにしました。

 この日だけ関東地方は涼しかったようですが、松山は朝から強烈な暑さでした。声が出にくくなった友人と、とても37年ぶりとは思えない親しさであれこれ話しこんでいました。ご家族とも一緒に食事に行ったりして、5時間近くを過ごしました。

Matsuyama1  車で送ってもらい、もう会えないかもしれないけど・・・と言って別れたあと、とても城山へ登ろうという気にはならず、大街道あたりをうろうろしていると、ちょうど俳句甲子園をやってるところに出くわしました。第一回目からしばらくは、愛媛県内の高校が多かったようですが、今回は全国の高校が参加していていました。横目で見ながら通り過ぎてしまったけど、なにか松山らしいなあと思いMatsuyama2ました。

 あまりの暑さにデパートで涼んでいると、屋上観覧車を発見。冷房が効いていることを確認したうえで、つかの間の市内見物をしました。
 ずいぶんビルやマンションが多い町だなあというのが第一印象でしたが、こんな感じで見える松山城を見上げていました。写真の右下のドーム型の屋根は、愛媛県庁です。
 この県庁の建物は、『世界の中心で、愛をさけぶ』の映画では、なぜかアキの入院した病院になっていました。

富士見高原 ゆりの里

Yurinosato1   地元野菜などの買い物に出かけたついでに、八ヶ岳の麓にある富士見高原 ゆりの里へ足をのばしました。冬はスキー場となるゆり園には、(公称)500万輪ものさまざまなゆりが咲きほこっていました。

 やや暑さは感じるものの、ゆりの香りYurinosato3に包まれた高原の空間は実にさわやかで、ちょっと別世界のようでもありました。わりあいにきちんと写真が撮れたので、今回は写真を大きめにしました。 

諏訪湖の花火

 11日から今日まで夏休みをとりました。前半は、蓼科へでかけてパソコンのない暮らしをしました。全国的な猛暑が続く中で、標高1500メートル近いこともあって、半そででは寒いくらいの申し訳ないような涼しさでした。ブログも携帯から入力できるらしいのですが、素人の私は、じっとネタをあたためるのみでした。Suwakohanabi_2  

 15日には、諏訪湖祭湖上花火大会を初めて体験しました。何しろ50万人近い人出ですから、13日に場所取りをして(場所取りも、2日前8時半ルールというのがあって、それ以前のはすべて無効になるようでした)、当日はかなり離れた場所に車を置いて会場まで延々歩きました。

 19時からの2時間の間に、42, 000発というとてつもない数の花火がこれでもか、という感じで打ち上げられました。腹に響くような音も半端でなく、それはすばらしいを通り越したすさまじさすら感じるような2時間でした。
 「諏訪湖の花火を見たら、他のはつまらなく感じる」とよく聞きますが、なるほどねと感心しました。

 花火は、デジカメではどうもうまく撮れませんでしたので、紹介は1枚だけにします。
いい写真は、こだわりの方々のホームページでご覧になって下さい。
 

キャンパスイルミネーション

Musashi01_2  長男の通っている都内の大学で行なわれた「キャンパスイルミネーション2007」に行ってきました。建築科2年生の必修授業でずっと取組んできた作品のようで、授業参観兼学校見学とMusashi02いうつもりで見ました。キャンパスのあちこちにそれぞれ工夫された灯りが印象に残りました。写真がどうもうまく撮れてませんね。

 以下のサイトに、オフィシャルな説明や写真がたくさんあります。
   http://kobayashilab.net/event/campus07/

 昨年の入学式以来、半年に一回父兄懇談会が行なわれるという、自分の大学時代とは様変わりの親切さにびっくりしながら、大学を訪れるたびに、MAJIME中年は好奇心旺盛にキャンパスを歩き回っていました。


 それにしても、それなりに受験勉強して入学した昭和40年代の大学の殺風景なキャンパスは、一体何だったんだろうと思ったりもします。そうは言っても、あの頃は、どこもそうだったのだからしょうがありませんね。
 しかし、それはそれで、こころ豊かないい時代でありました。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ